夏の暑さも本番ですね。

毎日元気に過ごされているでしょうか?

 

7月も後半に近づき、お盆期間中の予定を立て始める方も多いかと思います。

少し早めになりますが、8月と9月の休診日をお知らせします。

 

=====================================

【8月の休診日】

(1日、8日、15日、16日、17日、18日、22日、29日)

お盆期間中の休診は、8/15から8/18です。

8/14から8/23までエキゾチックアニマルの診察は行なっておりません。

 

なお、12日(月)は振替休日ですが、当院は通常通りの診察となります。
普段忙しくて、なかなかペットの健康診断に来れない方はこの機会にご来院下さい。
お盆期間中のペットホテルの予約受付中です!
満室になり次第お断りさせて頂くことがございますので、利用予定の方は
早めに窓口までお知らせください。

 

やじま先生、8/14から8/23まで、お休みです。その間、エキゾチックアニマル(犬猫以外の飼育動物のウサギやフェレットなどの哺乳類、鳥類)の診察は行なっておりませんので、診察希望の方は、日程をご確認下さい。

 

【9月の休診日】
(5日、12日、16日、19日、23日、26日
毎週木曜と、2週続けて祝日となる月曜が休診です。

 

=====================================

 

ワンちゃんにとっては、散歩時、温まったアスファルトの熱が辛い時期です。

散歩の時間を早朝や遅めにずらす、暑い日は無理せず短時間にするなどの

夏バテ、暑さ対策で、できるだけ体に負担がかからないよう工夫してあげて下さい。

 

特に肥満の犬や、鼻の短い犬種のワンちゃんは、

呼吸がしにくいため、熱中症になりやすいようです。

 

 

元々寒冷地の犬種で、被毛の色が濃かったり、被毛が多い(厚い)ワンちゃんも

日本の高温多湿環境は得意ではありません。

 

 

室内でも、エアコンがなく、湿度が高かったり、換気が良くない場合は、

ワンちゃんもネコちゃんも、熱中症発生の危険があります。

 

 

サマーカットや、いつもできるだけ涼しい環境を用意できるように工夫して、

夏を元気に過ごせると良いですね。

 

いつも元気に過ごしているワンちゃん、ネコちゃんなのに...

いつもと様子が違う場合、注意してみて下さい。

急激な体温の上昇で熱中症になると、下記のような症状がみられます。
ぐったりして元気がない
呼吸が荒く、体温が高い
よだれ、脱水、食欲不振
下痢、嘔吐、けいれんなどの症状は緊急状態です。
濡れタオルや水をかけるなど、とにかく体温を下げ、
一刻も早く獣医師の指示を受けてください。

 

暑い日々が続きますが、なるべく涼しく健康に過ごして下さいね!!

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Recommend

Recommend

フォックス先生の犬マッサージ
フォックス先生の犬マッサージ (JUGEMレビュー »)
マイケル・W. フォックス, Michael W. Fox, 山田 雅久

Recommend

イラストでみる猫の病気
イラストでみる猫の病気 (JUGEMレビュー »)
小野 憲一郎, 多川 政弘, 若尾 義人, 今井 壮一, 安川 明男, 土井 邦雄

Recommend

イラストでみる犬の病気
イラストでみる犬の病気 (JUGEMレビュー »)
小野 憲一郎, 多川 政弘, 後藤 直彰, 今井 壮一, 安川 明男

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM